RECOMMEND
風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)
風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判) (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
全7巻。この作品にはノーベル賞を贈るべきだ。そうすればノーベル賞も評価できる。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

BELIEVE CAFE

社長のblog★
<< カレー研究2 | main | GB’log(ジブログ) >>
マニラ6
0
    これが懺悔か。

    懺悔とはもっと密やかなものじゃないのか?
    やりすぎだろ。

    懺悔の時間が終わるとみんなあっという間に普段通りになった。
    はい、終わり。飯でも食いに行こうぜ、みたいな。
    変わり身の早さが尋常じゃない。
    ほんとに反省しているのだろうか?
    私が思うに彼らは反省していないと思う。多分・・・

    例えば、私はおじさん(牧師さん)とマニラのメガモールに行ったことがあった。セブにあるのと同じものだ。
    おじさんはそこでショッピングカートにガンガンに商品を入れる。
    私は「なんだ、このおっさん、貧乏そうな顔して結構お金持ちなんじゃないの。」と思った。さすがは宗教家、まじめな顔してしこたまポケットに入れてんじゃないの?その辺は日本と同じか・・・
    ところがである。レジに来て、いざ支払いとなると私の方を向き、ほんとに申し訳ないような顔をして、プリーズ!プリーズ!と懇願するのである。
    この前、教会で何十人の信者を相手に説教をぶっていた牧師様が、払ってよー、プリーズ!である。この男、金も持たないのによくここまで商品をカゴに入れれたものだ。私も持っていなかったらどうするつもりだったんだ?
    私も厄介になっている身である。渋々払う。
    そして、教会に帰ると実に堂々と買ってきたものをみんなの前で広げるのである。

    私が思うに懺悔の時間に、「おー!私は旅の日本人におごってもらった。許してくださいー!。」とか言って、はいチャラ、ぐらいのものなんじゃないかと勘ぐってしまう。
    この類のことが何度かあった。
    私はますますキリスト教のことが信じられなくなった。
    私はだんだん嫌な人間になってしまった・・・
    | - | 20:51 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。
    LINK
    Kです 僕たちの周りには 常に音楽が満ち溢れ その時の心情にぴたりとLINKする曲を 自然とチョイスして 聴いてるように思います 大好きな人がよく聴いてた曲 その人をもっと身近に感じられるよう 何度も繰り返し聴いた そんな思い出があります メロディなのか
    | K&Tのよもやま日記 | 2005/10/20 6:59 PM |